宝珠院 大阪 箕面市 高野山真言宗 摂津八十八ヶ所 五十六番

宝珠院の厄除けは
を払いけ、多くのきます
厄年とは 
厄年とは諸説ありますが、昔は「役年」と呼び、ある年齢になるとお寺や神社の行事の配役を務め、仏様や神様に近付く際「身を清めた、厄を払ったのが起源」と言われます。また、医学的にも思春期、中高年期への過渡期で、体調の変化が起こりやすい時期でもあり、社会的にも、就職、結婚、出産、出世等、大きく環境が変わる時期でもあります。厄除けは厄年に行われる事が多いですが、日々の生活でも少しずつ溜まっていく日常厄をこまめに祓う意味で、厄年以外にも行います。
 (*除霊ではございません。)
宝珠院

宝珠院 大阪府 箕面市 高野山真言宗 摂津八十八ヶ所 五十六番
copyright©2014 HOUSHUIN all rights reserved.